キャプチャリングとバブリングにより、 イベント移譲 と呼ばれる最も強力なイベントハンドリングのパターンの一つを実装することができます。

この考え方は、似たような方法で多くの要素を処理する場合に、それら一つ一つにハンドラを割り当てる代わりに、共通の祖先に1つハンドラを置きます。

ハンドラでは、event.target を取得し、実際にどこでイベントが起きたかを見てそれを処理します。

例を見てみましょう – 古代の中国の哲学を反映した 八卦掌図(Ba-Gua diagram) です。

これです:

The HTML is like this:

<table>
  <tr>
    <th colspan="3"><em>Bagua</em> Chart: Direction, Element, Color, Meaning</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>...<strong>Northwest</strong>...</td>
    <td>...</td>
    <td>...</td>
  </tr>
  <tr>...2 more lines of this kind...</tr>
  <tr>...2 more lines of this kind...</tr>
</table>

テーブルは9つのセルを持っていますが、 99 でも 9999 でも関係ありません。

我々のタスクはクリックで <td> セルを強調表示することです

それぞれの <td> (多くなります) に onclick を割り当てる代わりに、<table> 要素で “すべてをキャッチ” するハンドラを設定します。

クリックされた要素を取得し、強調表示するために event.target を使います。

コードは次の通りです:

let selectedTd;

table.onclick = function(event) {
  let target = event.target; // どこがクリックされた?

  if (target.tagName != 'TD') return; // TDではない? そうなら興味ありません

  highlight(target); // 強調します
};

function highlight(td) {
  if (selectedTd) { // あれば既存の強調表示を消します
    selectedTd.classList.remove('highlight');
  }
  selectedTd = td;
  selectedTd.classList.add('highlight'); // 新しいIDを強調表示します
}

このようなコードはテーブルにどれだけセルが多くても気にしません。いつでも動的に <td> の追加/削除が可能で、それでも強調表示は動作します。

それでも欠点があります。

クリックは <td> ではなく、その内側で起こる可能性があります。

我々の場合、HTML の中を見ると、<strong> のように、<td> の内側にネストされたタグが見えます。:

<td>
  <strong>Northwest</strong>
  ...
</td>

当然、その <strong> でクリックが起きた場合、それは event.target の値になります。

table.onclick ハンドラでは、このような event.target を取り、クリックが <td> の中で行われたのかそうでないのかを知る必要があります。

以下は改良したコードです:

table.onclick = function(event) {
  let td = event.target.closest('td'); // (1)

  if (!td) return; // (2)

  if (!table.contains(td)) return; // (3)

  highlight(td); // (4)
};

説明:

  1. メソッド elem.closest(selector) はセレクタに合致する最も近い祖先を返します。我々のケースではソース要素から上昇し <td> を探します。
  2. もし event.target がどの <td> の内側にもない場合、その呼出は null を返し、何もする必要はありません。
  3. ネストしたテーブルでは、event.target は現在のテーブルの外側ににある <td> かもしれません。なので、実際に テーブルの <td> かどうかをチェックします。
  4. もしそうであれば、強調表示します。

移譲サンプル: マークアップ内のアクション

イベント移譲はイベント処理を最適化するために使うことができます。我々は多くの要素で類似のアクションに対し単一のハンドラを使います。<td> の強調表示で行ったように。

しかし、多くの異なるものに対する入り口としても単一のハンドラを使うことができます、

例えば、“Save” と “Load”, “Search” などのボタンをもつメニューを作りたいとします。そしてメソッド save, load, search…. を持つオブジェクトがあります。

最初の考えは、各ボタンに別々のハンドラを割り当てる事かもしれません。しかし、よりエレガントな方法があります。私たちはメニュー全体に対してハンドラを追加し、呼び出すメソッドを持っているに対して date-action 属性を追加します。:

<button data-action="save">Click to Save</button>

ハンドラは属性を読み込み、メソッドを実行します。動作例をみてください:

<div id="menu">
  <button data-action="save">Save</button>
  <button data-action="load">Load</button>
  <button data-action="search">Search</button>
</div>

<script>
  class Menu {
    constructor(elem) {
      this._elem = elem;
      elem.onclick = this.onClick.bind(this); // (*)
    }

    save() {
      alert('saving');
    }

    load() {
      alert('loading');
    }

    search() {
      alert('searching');
    }

    onClick(event) {
      let action = event.target.dataset.action;
      if (action) {
        this[action]();
      }
    };
  }

  new Menu(menu);
</script>

this.onClick(*)this がバインドされていることに注意してください。それは重要です。なぜなら、そうしていなければ this はメニューオブジェクトではなく DOM 要素を参照し、this[action] は我々が必要とするものではいからです。

したがって、この移譲が我々に与えれくれたものはなんでしょう?

  • 私たちはそれぞれのボタンへハンドラを割り当てるコードを書く必要はありません。単にメソッドを作り、マークアップ上にそれを置くだけです。
  • HTML 構造は柔軟で、いつでもボタンの追加/削除が可能です。

また、クラス .action-save, .action-load を使うこともできますが、属性 date-action が意味的にベターです。そして、CSS ルールの中でも使用できます。

“振る舞い” パターン

イベントの委譲を使用して、特別な属性やクラスを使用して、宣言的 に要素に “振る舞い” を追加することもできます。

このパターンは2つのパートがあります:

  1. 要素に特別な属性を追加します。
  2. ドキュメント全体のハンドラはイベントを追跡し、属性付けされた要素でイベントが発生した場合は、そのアクションを実行します。

Counter

例えば、ここでは属性 data-counter は振る舞いを追加します: ボタンをクリックすると増加します。:

Counter: <input type="button" value="1" data-counter>
One more counter: <input type="button" value="2" data-counter>

<script>
  document.addEventListener('click', function(event) {

    if (event.target.dataset.counter != undefined) { // もし属性が存在すれば
      event.target.value++;
    }

  });
</script>

もしボタンをクリックすると – その値が増えます。ボタンではなく、ここではこの一般的なアプローチが重要です。

私たちが望むだけ、data-counter を持つ多くの属性があります。 私たちはいつでもHTMLに新しいものを加えることができます。 イベントの委任を使用してHTMLを “拡張” し、新しい動作を記述する属性を追加しました。

ドキュメントレベルハンドラの場合、常に addEventListener です

document オブジェクトにイベントハンドラを割り当てるとき、常に addEventListener を使用する必要があります。document.onclick ではありません。なぜなら、後者はコンフリクトを起こすためです: 新しいハンドラを古いものを上書きします。

実際のプロジェクトでは、コードの異なる部分で設定された document に多くのハンドラがあるのは普通です。

Toggler

もう1つの例です。属性 data-toggle-id を持つ要素をクリックすると、指定された id の要素が表示/非表示になります。:

<button data-toggle-id="subscribe-mail">
  Show the subscription form
</button>

<form id="subscribe-mail" hidden>
  Your mail: <input type="email">
</form>

<script>
  document.addEventListener('click', function(event) {
    let id = event.target.dataset.toggleId;
    if (!id) return;

    let elem = document.getElementById(id);

    elem.hidden = !elem.hidden;
  });
</script>

私たちがしたことをもう一度メモしましょう。要素にトグル機能を追加するには – JavaScriptを知る必要はありません。ただ属性 data-toggle-id を使うだけです。

それは本当に便利になるかもしれません – すべてのこのような要素に対してJavaScriptを書く必要はありあせん。ただその振る舞いを使うだけです。ドキュメントレベルのハンドラは、ページ上に任意の要素に対して機能します。

単一の要素上で複数の振る舞いを繋げることもできます。

“振る舞い” パターンは JavaScript の小さい破片の代替になります。

サマリ

イベント移譲は本当にクールです! DOM イベントに対する最も役立つパターンの1つです。

同じような多くの要素に対して同じ処理を追加するためによく使われますが、そのためだけではありません。

アルゴリズム:

  1. コンテナに単一のハンドラを置きます
  2. ハンドラの中で – ソース要素 event.target をチェックします
  3. イベントが関心のある要素の中で起きていた場合、イベントを処理します。

メリット:

  • 初期化の簡素化とメモリの節約: 多くのハンドラを追加する必要はありません。
  • コードを減らす code: 要素を追加または削除するときに、ハンドラを追加/削除する必要はありません。
  • DOM の変更: innerHTML などで要素を一括して追加/削除することができます

移譲はには、もちろん制限があります:

  • まず、イベントがバブリングする必要があります。バブリングしないイベントもあります。また低レベルのハンドラは event.stopPropagation() を使うべきではありません。
  • 2つ目に、移譲は CPU負荷を上げる可能性があります。なぜなら、コンテナレベルのハンドラは、関心があるかどうかに関わらずコンテナの任意の場所のイベントに反応するたmです。しかし通常その負荷は無視できるので、考慮しません。

タスク

重要性: 5

削除ボタン [x] のあるメッセージ一覧があります。ボタンが動作するようにしてください。

このように:

P.S. イベント移譲を使って、コンテナ上でイベントリスナは1つだけにしてください。

タスクのためのサンドボックスを開く

重要性: 5

クリックでノードの子供を表示/非表示にするツリーを作成してください。:

要件:

  • イベントハンドラは1つだけ(移譲を使ってください)
  • ノードタイトルの外側(空の巣ペース)のクリックでは何もしないようにしてください。

タスクのためのサンドボックスを開く

解決策には2つのパートがあります。

  1. すべてのツリーノードのタイトルを <span> で囲みます。私たちは、 :hover で CSS-スタイルを行い、テキストに対してクリックを正確に処理することが出来ます。なぜなら <span> 幅はちょうどテキスト幅になるためです(それがない場合と違って)。
  2. tree のルートノードにハンドラを設定し、<span> タイトルのクリックを処理します。

サンドボックスで解答を開く

重要性: 4

ソート可能なテーブルを作成してください: <th> 要素のクリックで、対応するカラムをソートします。

次のように、各 <th> は属性の中にタイプを持っています。:

<table id="grid">
  <thead>
    <tr>
      <th data-type="number">Age</th>
      <th data-type="string">Name</th>
    </tr>
  </thead>
  <tbody>
    <tr>
      <td>5</td>
      <td>John</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>10</td>
      <td>Ann</td>
    </tr>
    ...
  </tbody>
</table>

上の例では、最初のカラムは数値で、2つ目は文字列です。ソート関数はタイプに応じてソートを処理します。

"string""number" タイプのみをサポートします。

動作例:

P.S. テーブルは任意の行や列で大きくできます。

タスクのためのサンドボックスを開く

重要性: 5

ツールチップの振る舞いのための JSコードを書いてください。

マウスが data-tooltip を持つ要素上に来たら、ツールチップがその上に現れます。そしてマウスが過ぎると隠れます。

注釈付きのHTMLの例です:

<button data-tooltip="the tooltip is longer than the element">Short button</button>
<button data-tooltip="HTML<br>tooltip">One more button</button>

このように動作します:

このタスクでは data-tooltip を持つすべての要素は内側にテキストだけと想定します。入れ子のタグはありません。

詳細:

  • ツールチップはウィンドウの端は超えません。通常、ツールチップは要素の上にありますが、もし要素がページ上部にあり、ツールチップのスペースが無い場合、下に位置します。
  • ツールチップはdata-tooltip 属性の中で与えられます。それは任意のHTMLです。

ここでは2つのイベントが必要になります:

  • ポインタが要素の上にきたとき、mouseover をトリガします。
  • ポインタが要素を離れたとき、mouseout をトリガします。

イベント移譲を使用してください: data-tooltip を持つ要素からすべての “イン” と “アウト” を追跡するため、document 上に2つのハンドラを設定し、そこでツールチップを管理してください。

振る舞いが実装できたら、JavaScriptに精通していない人でも注釈付き要素を追加できます。

P.S. 自然でシンプルなものを保つために、一度に表示できるツールチップは1つだけです。

タスクのためのサンドボックスを開く

チュートリアルマップ

コメント

コメントをする前に読んでください…
  • 自由に記事への追加や質問を投稿をしたり、それらに回答してください。
  • 数語のコードを挿入するには、<code> タグを使ってください。複数行の場合は <pre> を、10行を超える場合にはサンドボックスを使ってください(plnkr, JSBin, codepen…)。
  • 記事の中で理解できないことがあれば、詳しく説明してください。