レッスンに戻る
このコンテンツはまだ翻訳されていません。 翻訳に協力してください

"switch" を "if" で書き直す

重要性: 5

if..else を使って次の switch に対応するコードを書いてください。:

switch (browser) {
  case 'Edge':
    alert( "You've got the Edge!" );
    break;

  case 'Chrome':
  case 'Firefox':
  case 'Safari':
  case 'Opera':
    alert( 'Okay we support these browsers too' );
    break;

  default:
    alert( 'We hope that this page looks ok!' );
}

switch の機能に正確にマッチさせるためには、if は厳密な比較 '===' を使わなければなりません。

が、与えられた文字列に対しては、単純な '==' も使えます。

if(browser == 'Edge') {
  alert("You've got the Edge!");
} else if (browser == 'Chrome'
 || browser == 'Firefox'
 || browser == 'Safari'
 || browser == 'Opera') {
  alert( 'Okay we support these browsers too' );
} else {
  alert( 'We hope that this page looks ok!' );
}

注意してください: 構造 browser == 'Chrome' || browser == 'Firefox' … はより良い可読性のために複数行に分割されています。

しかし、switch 構造は以前としてより洗練されており、説明的です。