パターンとフラグ

正規表現(Regular expressions)は文字列内を検索したり置換するための強力な方法です。

JavaScriptでは、正規表現は組み込みの RegExp クラスのオブジェクトを使用して実装され、文字列と統合されています。

正規表現

正規表現(もしくは “regexp”, または単に “reg”) は パターン とオプションの フラグ で構成されています。

正規表現オブジェクトを生成するための2つの構文があります。

長い構文:

regexp = new RegExp("pattern", "flags");

…そして短い構文です。スラッシュ "/" を使います:

regexp = /pattern/; // フラグなし
regexp = /pattern/gmi; // g, m と i のフラグあり(詳細は後ほど説明します)

スラッシュ /.../ は正規表現を作成していることを JavaScript に伝えます。文字列の引用符と同じ役割を果たします。

どちらの場合も、regexp は組み込みの RegExp クラスのインスタンスになります。

これらの構文の主な違いは、スラッシュ /.../ を使用するパターンは式が挿入できないことです(テンプレートリテラル ${...} のような)。これは完全に静的です。

スラッシュは、コードを書くときに正規表現を知っているときに使われます。そして、これが最も一般的なケースです。 new RegExp は動的に生成された文字列から “その場” で正規表現を作成する必要がある場合にしばしば使われます。例えば:

let tag = prompt("What tag do you want to find?", "h2");

let regexp = new RegExp(`<${tag}>`); // 上のプロンプトで "h2" と入力された場合は、/<h2>/ になります

フラグ

正規表現には検索に影響を与えるフラグを含む場合があります。

JavaScript には 6 つしかありません:

i
このフラグを指定すると、検索は大文字小文字を区別しません: Aa に違いはありません(下の例をみてください)。
g
このフラグを指定すると、検索はすべての一致を探します。指定がない場合は – 最初の1つのみを探します(次のチャプターで使い方を見ていきます)。
m
複数行モードです(チャプター 記事 "regexp-multiline" が見つかりません で説明します)。
s
“dotall” モードを有効にします。これにより、ドット . が改行文字 \n に一致できるようになります(チャプター 文字クラス で説明しています)。
u
完全なユニコードサポートを有効にします。このフラグはサロゲートペアの正しい処理を可能にします。より詳細についてはチャプター Unicode(ユニコード): フラグ "u" とクラス \p{...} を参照してください。
y
スティッキーモード: テキストの正確な位置で検索します(チャプター Sticky flag "y", searching at position で説明します)。
色

ここからの配色は次の通りです:

  • 正規表現 – red
  • 文字列 (検索する場所) – blue
  • 結果 – green

検索: str.match

前述のように、正規表現は文字列のメソッドと統合されています。

メソッド str.match(regexp) は文字列 str 中のすべての regexp の一致を見つけます。

3つの動作モードがあります:

  1. 正規表現にフラグ g がある場合、すべての一致の配列を返します:

    let str = "We will, we will rock you";
    
    alert( str.match(/we/gi) ); // We,we (マッチする2つの部分文字列の配列)

    Wewe の両方が見つかることに注目してください。フラグ i は正規表現が大文字小文字を区別しないようにします。

  2. そのようなフラグがない場合は、配列の形式で最初に一致したものだけを返します。インデック 0 でマッチした内容があり、あといくつか詳細情報のためのプロパティを持っています:

    let str = "We will, we will rock you";
    
    let result = str.match(/we/i); // g フラグなし
    
    alert( result[0] );     // We (最初の一致)
    alert( result.length ); // 1
    
    // 詳細:
    alert( result.index );  // 0 (一致した位置)
    alert( result.input );  // We will, we will rock you (元の文字列)

    正規表現の一部が括弧で囲まれている場合は、配列は 0 以外のインデックスを持っている場合があります。これについてはチャプター キャプチャグループ で説明します。

  3. そして、最後に、一致するものがなかった場合は null が返却されます(フラグ g の有無は関係ありません)。

    ここに重要な違いがあります。一致するものがない場合、殻の配列を受け取るのではなく null を受け取ります。これを忘れるとエラーにつながる可能性があるので注意してください。例えば:

    let matches = "JavaScript".match(/HTML/); // = null
    
    if (!matches.length) { // Error: Cannot read property 'length' of null
      alert("Error in the line above");
    }

    結果を常に配列にしたい場合は次のようにします。:

    let matches = "JavaScript".match(/HTML/) || [];
    
    if (!matches.length) {
      alert("No matches"); // 問題なく動きます
    }

置換: str.replace

メソッド str.replace(regexp, replacement) は文字列 strregexp を使用して見つけた一致を replacement に置き換えます(フラグg があればすべての一致を、そうでなければ最初の1つだけが対象になります)。

例:

// g フラグなし
alert( "We will, we will".replace(/we/i, "I") ); // I will, we will

// g フラグあり
alert( "We will, we will".replace(/we/ig, "I") ); // I will, I will

2番目の引数は replacement 文字列です。特別な文字の組み合わせを使用して、一致した内容の部分を挿入することもできます。:

記号 置換文字列での動作
$& 一致したもの全体を挿入します
$` 一致の前の部分文字列を挿入します
$' 一致した後の部分文字列を挿入します
$n n が1-2桁の数値の場合、n番目の括弧の内容を挿入します。詳細についてはチャプター キャプチャグループ で説明します
$<name> 指定された name の括弧の中身を挿入します。詳細についてはチャプター キャプチャグループ で説明します
$$ 文字 $ を挿入します

$& の例です:

alert( "I love HTML".replace(/HTML/, "$& and JavaScript") ); // I love HTML and JavaScript

テスト: regexp.test

メソッド regexp.test(str) は、少なくとも1つの一致を検索し、見つかれば true を、なければ false を返します。

let str = "I love JavaScript";
let regexp = /LOVE/i;

alert( regexp.test(str) ); // true

このパートの後半では、より多くの正規表現を学び、より多くの例を見ていき、他のメソッドにも触れます。

メソッドに関する完全な情報は RegExp と文字列のメソッド にあります。

サマリ

  • 正規表現はパターンとオプションのフラグで構成されます: g, i, m, u, s, y.
  • フラグと特殊記号(後で学びます)がない場合、正規表現による検索は部分文字列検索と同じです。
  • メソッド str.match(regexp) は一致を探します:g フラグがあればすべてを、なければ最初の1つだけが対象です。
  • メソッド str.replace(regexp, replacement)regexp を使用して見つけた一致を replacement に置換します: g フラグがあればすべてを、なければ最初の1つだけが対象です。
  • メソッド regexp.test(str) が少なくとも1つ一致があれば true を、なければ false を返します。
チュートリアルマップ

コメント

コメントをする前に読んでください…
  • 自由に記事への追加や質問を投稿をしたり、それらに回答してください。
  • 数語のコードを挿入するには、<code> タグを使ってください。複数行の場合は <pre> を、10行を超える場合にはサンドボックスを使ってください(plnkr, JSBin, codepen…)。
  • 記事の中で理解できないことがあれば、詳しく説明してください。