後方参照: \N と \k<name>

キャプチャグループ (...) の中身は、結果や置換文字列の中だけでなくパターン自身の中でも利用することができます。

番号による後方参照: \N

グループはパターンの中で \N を使うことで参照することができ、N はグループの番号です。

より明白にするために、次のことを考えてみましょう。

私たちは引用符で囲まれた文字列を見つける必要があります: シングルクォート '...' もしくはダブルクォート "..." – 両方のバリアントにマッチする必要があります。

どうやってそれらを探しますか?

パターン中に2種類の引用符をおきます: ['"](.*?)['"]。これは "..."'...' のような文字列を見つけますが、"She's the one!" の文字列のように、ある引用符が別の引用符の中に登場した時、正しくないマッチになります。:

let str = "He said: \"She's the one!\".";

let reg = /['"](.*?)['"]/g;

// 結果は期待したものではありません
alert( str.match(reg) ); // "She'

ご覧の通り、パターンは開始の引用符 " を見つけ、その後テキストは他の引用符 ' まで進み、マッチを閉じます。

パターンが開始引用符と同じ閉じ引用符を探すようにするために、それをキャプチャグループでラップし、後方参照を使用しましょう (['"])(.*?)\1:

これは正しいコードです:

let str = "He said: \"She's the one!\".";

let reg = /(['"])(.*?)\1/g;

alert( str.match(reg) ); // "She's the one!"

これでうまく動作します! 正規表現エンジンは最初の引用符 (['"]) を見つけその中身を覚えます。それは最初のキャプチャグループです。

さらにパターン \1 は “最初のグループと同じテキストを見つける” ことを意味します。

同様に、\2 は2番目のグループを意味し、\3 は3番目…となります。

注意:

グループの中で ?: を使用している場合は参照することはできません。キャプチャを除外されたグループ (?:...) はエンジンに記憶されません。

混乱しないでください: パターンでの \1, 置換での: $1

置換文字列では、ドル記号 $1 を使用する一方、パターンではバックスラッシュ \1 です。

名前による後方参照: \k<name>

正規表現に多くの括弧がある場合、名前付けをすると便利です。

名前付けされたグループを参照するには、\k<name> を使用します。

下記の例では、引用符を持つグループが ?<quote> を名前付けされています。なので、後方参照は \k<quote> になります。:

let str = `He said: "She's the one!".`;

let regexp = /(?<quote>['"])(.*?)\k<quote>/g;

alert( str.match(regexp) ); // "She's the one!"
チュートリアルマップ

コメント

コメントをする前に読んでください…
  • 自由に記事への追加や質問を投稿をしたり、それらに回答してください。
  • 数語のコードを挿入するには、<code> タグを使ってください。複数行の場合は <pre> を、10行を超える場合にはサンドボックスを使ってください(plnkr, JSBin, codepen…)。
  • 記事の中で理解できないことがあれば、詳しく説明してください。