レッスンに戻る

テキストを切り捨てる

重要性: 5

str の長さをチェックし、maxlength を超えていた場合には、-- 長さを maxlength と等しくするために、str の末尾を省略記号 "…" に置き換える関数 truncate(str, maxlength) を作りなさい。

関数の結果は(必要であれば)切り捨てられた文字列です。

例:

truncate("What I'd like to tell on this topic is:", 20) = "What I'd like to te…"

truncate("Hi everyone!", 20) = "Hi everyone!"

テストと一緒にサンドボックスを開く

最大長は maxlength になります。なので、省略記号のためのスペースも必要なので少し短くする必要があります。

省略記号に1つのユニコード文字を使っていることに注意してください。3つのドットではありません。

function truncate(str, maxlength) {
  return (str.length > maxlength) ?
    str.slice(0, maxlength - 1) + '…' : str;
}

サンドボックスでテストと一緒に解答を開く