レッスンに戻る
このコンテンツはまだ翻訳されていません。 翻訳に協力してください

式をパースする

算術式は2つの数字とそれらの間の演算子で構成されます。:

  • 1 + 2
  • 1.2 * 3.4
  • -3 / -6
  • -2 - 2

演算子は "+", "-", "*" または "/" のいずれかです。

先頭や末尾、間に余分なスペースがあるかもしれません。

式を取り、3つのアイテムを持つ配列を返す parse(expr) を作成してください。

  1. 最初の数値
  2. 演算子
  3. 2番目の数値

例:

let [a, op, b] = parse("1.2 * 3.4");

alert(a); // 1.2
alert(op); // *
alert(b); // 3.4

数値の正規表現は: -?\d+(\.\d+)? です。前のタスクで作ったものです。

演算子は、[-+*/] です。ダッシュ - を先頭に置きます。中央にある場合、ダッシュは文字の範囲を意味しますが、それは必要ないからです。

JavaScript の正規表現 /.../ の中ではスラッシュをエスケープする必要があることに注意してください。

私たちは、数値、演算子、そして別の数値が必要です。そしてそれらの間にスペースがある場合があります。

完全な正規表現は次のようになります: -?\d+(\.\d+)?\s*[-+*/]\s*-?\d+(\.\d+)?.

配列として結果を取得するため、必要なデータの周りに括弧を置きましょう: 数値と演算子です: (-?\d+(\.\d+)?)\s*([-+*/])\s*(-?\d+(\.\d+)?).

動作:

let reg = /(-?\d+(\.\d+)?)\s*([-+*\/])\s*(-?\d+(\.\d+)?)/;

alert( "1.2 + 12".match(reg) );

結果は次の内容を含みます:

  • result[0] == "1.2 + 12" (完全なマッチ)
  • result[1] == "1" (最初の括弧)
  • result[2] == "2" (2番目の括弧 – 小数部 (\.\d+)?)
  • result[3] == "+" (…)
  • result[4] == "12" (…)
  • result[5] == undefined (最後は小数部がないので undefined です)

必要なのは数値と演算子だけです。小数部だけは不要です。

なので、(?:\.\d+)? のように、?: を追加することで、キャプチャグループから余分なグループを取り除きましょう。

最終的な解法は次の通りです:

function parse(expr) {
  let reg = /(-?\d+(?:\.\d+)?)\s*([-+*\/])\s*(-?\d+(?:\.\d+)?)/;

  let result = expr.match(reg);

  if (!result) return;
  result.shift();

  return result;
}

alert( parse("-1.23 * 3.45") );  // -1.23, *, 3.45