レッスンに戻る

平日を表示する

重要性: 5

ショートフォーマット: ‘MO’, ‘TU’, ‘WE’, ‘TH’, ‘FR’, ‘SA’, ‘SU’ で平日を表示する関数 getWeekDay(date) を書いてください。

例:

let date = new Date(2012, 0, 3);  // 3 Jan 2012
alert( getWeekDay(date) );        // "TU" と表示される

テストと一緒にサンドボックスを開く

メソッド date.getDay() は日曜開始で平日の数値を返します。

その数値から適切な日の名前が取得できるよう、平日の配列を作りましょう。

function getWeekDay(date) {
  let days = ['SU', 'MO', 'TU', 'WE', 'TH', 'FR', 'SA'];

  return days[date.getDay()];
}

let date = new Date(2014, 0, 3); // 3 Jan 2014
alert( getWeekDay(date) ); // FR

サンドボックスでテストと一緒に解答を開く