レッスンに戻る

アナグラムをフィルタする

重要性: 4

アナグラム は同じ文字を同じ数だけ持っていますが、異なる順序である単語です。

例えば:

nap - pan
ear - are - era
cheaters - hectares - teachers

アナグラムで整理された配列を返す関数 aclean(arr) を書いてください。

例:

let arr = ["nap", "teachers", "cheaters", "PAN", "ear", "era", "hectares"];

alert( aclean(arr) ); // "nap,teachers,ear" or "PAN,cheaters,era"

すべてのアナグラム・グループから、どれかは問いませんが1つの単語だけ残してください。

テストと一緒にサンドボックスを開く

すべてのアナグラムを見つけるために、すべての単語を文字に分割してソートしましょう。文字でソートしたとき、すべてのアナグラムは同じです。

例:

nap, pan -> anp
ear, era, are -> aer
cheaters, hectares, teachers -> aceehrst
...

文字でソートされたバリアントをマップキーとして使用して、各キーごとに1つの値しか格納しません。:

function aclean(arr) {
  let map = new Map();

  for (let word of arr) {
    // 単語を文字で分割し、ソートして結合し直します
    let sorted = word.toLowerCase().split('').sort().join(''); // (*)
    map.set(sorted, word);
  }

  return Array.from(map.values());
}

let arr = ["nap", "teachers", "cheaters", "PAN", "ear", "era", "hectares"];

alert( aclean(arr) );

文字ソートは行 (*) での呼び出しチェーンで行われています。

便利のために、複数行に分割しましょう:

let sorted = arr[i] // PAN
  .toLowerCase() // pan
  .split('') // ['p','a','n']
  .sort() // ['a','n','p']
  .join(''); // anp

2つの異なる単語 'PAN''nap' は同じ文字デソートされた形式 'anp' になります。

次の行は単語をマップにセットしています。:

map.set(sorted, word);

同じ文字でソートされた単語がもう一度あった場合には、マップ内の同じキーで前の値を上書きします。なので、私たちはいつも文字形式毎に最大1つの単語を持ちます。

最後に、Array.from(map.values()) でマップの値の反復をし(結果の中でキーは必要ありません)、それらの配列を返却します。

ここでは、Map の代わりに通常のオブジェクトを使うこともできます。なぜならキーが文字列だからです。

その場合の解答は次のようになります:

function aclean(arr) {
  let obj = {};

  for (let i = 0; i < arr.length; i++) {
    let sorted = arr[i].toLowerCase().split("").sort().join("");
    obj[sorted] = arr[i];
  }

  return Array.from(Object.values(obj));
}

let arr = ["nap", "teachers", "cheaters", "PAN", "ear", "era", "hectares"];

alert( aclean(arr) );

サンドボックスでテストと一緒に解答を開く