レッスンに戻る
このコンテンツはまだ翻訳されていません。 翻訳に協力してください

ログインのチェック

重要性: 3

prompt でログインを要求するコードを書いてください。

もし訪問者が "Admin" と入力したら、パスワードのための prompt を出します。もし入力が空行または Esc の場合 – “Canceled” と表示します。別の文字列の場合は – “I don’t know you” と表示します。

パスワードは次に沿ってチェックされます:

  • ”TheMaster" と等しい場合には “Welcome!” と表示します。
  • 別の文字列の場合 – “Wrong password” を表示します。
  • 空文字または入力がキャンセルされた場合には “Canceled.” と表示します。

図:

入れ子の if ブロックを使ってください。コードの全体的な読みやすさに気をつけてください。

デモを実行

let userName = prompt("Who's there?", '');

if (userName == 'Admin') {

  let pass = prompt('Password?', '');

  if (pass == 'TheMaster') {
    alert( 'Welcome!' );
  } else if (pass == null) {
    alert( 'Canceled.' );
  } else {
    alert( 'Wrong password' );
  }

} else if (userName == null) {
  alert( 'Canceled' );
} else {
  alert( "I don't know you" );
}

if ブロック内の縦のインデントに注意してください。技術的には必須ではありませんが、コードの可読性をより良くします。