ユーザがクリックするか、キーボードで Tab キーを使うとき、要素はフォーカスを受け取ります。また、ページが読み込まれたとき、デフォルトで要素にフォーカスを与える autofocus HTML属性もあり、フォーカスを取得するための別の手段です。

フォーカスは、たいてい “ここでデータを受け入れる準備をする” ことを意味します。つまり、コードを実行して初期化したり何かをロードすることができる瞬間です。

フォーカスを失う瞬間(“blur”)はより重要になります。それは、ユーザが他の場所をクリックしたり、Tab を押して次のフォームフィールドに移動したり、同様に他の手段もあります。

フォーカスを失うということは、通常 “データが入力された” ことを意味します。そのため、それをチェックしたり、サーバに保存したりするコードを実行することができます。

フォーカスイベントを扱う際には重要な特性があります。ここではそれを説明するためにベストを尽くします。

イベント focus/blur

focus イベントはフォーカス時に呼ばれ、blur は要素がフォーカスを失ったときに呼ばれます。

インプットフィールドのバリデーションでそれらを使ってみましょう。

以下の例では:

  • blur ハンドラは email が入力されたかどうかをチェックし、もしそうでなければエラーを表示します。
  • focus ハンドラはエラーメッセージを隠します(blur 時にサイドチェックされます)。:
<style>
  .invalid { border-color: red; }
  #error { color: red }
</style>

Your email please: <input type="email" id="input">

<div id="error"></div>

<script>
input.onblur = function() {
  if (!input.value.includes('@')) { // not email
    input.classList.add('invalid');
    error.innerHTML = 'Please enter a correct email.'
  }
};

input.onfocus = function() {
  if (this.classList.contains('invalid')) {
    // ユーザは何かを再入力したいので "エラー" 表示を削除します
    this.classList.remove('invalid');
    error.innerHTML = "";
  }
};
</script>

現代の HTML では input の属性を使って多くのバリデーションを行うことができます: required, pattern などです。そして、時にはそれらが丁度私たちが必要なことである場合もあります。JavaScriptは、より柔軟性が必要な場合に使用できます。 その値が正しい場合、変更された値をサーバ上に自動的に送信することもできます。

メソッド focus/blur

メソッド elem.focus()elem.blur() は要素のフォーカスを設定/解除します。

例えば、値が有効でない場合には訪問者が input から離れられないようにしてみましょう。:

<style>
  .error {
    background: red;
  }
</style>

Your email please: <input type="email" id="input">
<input type="text" style="width:220px" placeholder="make email invalid and try to focus here">

<script>
  input.onblur = function() {
    if (!this.value.includes('@')) { // not email
      // エラーを表示
      this.classList.add("error");
      // ...その後、フォーカスを戻します
      input.focus();
    } else {
      this.classList.remove("error");
    }
  };
</script>

これは、Firefox (bug) を除いたすべてのブラウザで動作します。

入力域に何かを入力した後、Tab や クリックで <input> から離れようとすると、onblur はフォーカスを戻します。

onblur の中で event.preventDefault() を呼び出すことで “フォーカスを失うことを防ぐ” ことはできない点に注意してください。なえなら、onblur は要素がフォーカスを失った に動作するためです。

JavaScriptにより行われるフォーカス解除

フォーカス解除は多くの理由により起こります。

その1つは、訪問者がどこか他の場所をクリックした時です。しかし JavaScript 自体もそれを引き起こす可能性があります。例えば:

  • alert はフォーカスを自身へ移動させるため、フォーカス解除(blur)が要素で起きます。また alert が消えたとき、フォーカスが戻ります(focus イベント)。
  • もしも要素が DOM から削除された場合も、フォーカス解除が起こります。後で再挿入したとしても、フォーカスは戻りません。

これらの特徴により、focus/blur ハンドラが必要ないときにトリガすることがあります。

最善の策は、それらのイベントを使うとき注意を払うことです。ユーザが開始したフォーカス解除を追跡したい場合は、自分自身でフォーカス解除を回避する必要があります。

任意の要素にフォーカスを当てる: tabindex

デフォルトでは、多くの要素はフォーカスをサポートしていません。

この一覧はブラウザによって異なりますが、正しいことが1つあります: focus/blur のサポートは、<button>, <input>, <select>, <a> など、訪問者が対話できる要素に対して保証されています。

一方、<div>, <span>, <table> のような体裁のために存在する要素は、デフォルトではフォーカス不可です。メソッド elem.focus() はそれらに対しては機能せず、focus/blur イベントがトリガされることはありません。

HTML 属性 tabindex を使用することでこれを変更することが可能です。

この属性の目的は、Tab を使って要素間を切り替える際に、要素の順番を指定することです。

つまり: 2つの要素があり、1つ目は tabindex="1" 、2つ目は tabindex="2" を持っている場合、最初の要素で Tab を押すと2つ目に移動します。

2つの特別な値があります:

  • tabindex="0" は要素を最後にします。
  • tabindex="-1"Tab がその要素を無視することを意味します。

どの要素も tabindex を持っていればフォーカスをサポートします。

例えばここにリストがあります。最初の項目をクリックして Tab を押してください:

最初の項目をクリックしてタブを押してください。指定順に移動します。多くの後続のタブはフォーカスを例の iframe から移動できることに留意してください。

<ul>
  <li tabindex="1">One</li>
  <li tabindex="0">Zero</li>
  <li tabindex="2">Two</li>
  <li tabindex="-1">Minus one</li>
</ul>

<style>
  li { cursor: pointer; }
  :focus { outline: 1px dashed green; }
</style>

順序は 1 - 2 - 0 (ゼロは常に最後) です。通常、<li> はフォーカスをサポートしませんが、tabindex はイベントや :focus のスタイリングと合わせてフォーカスを有効にします。

elem.tabIndex も機能します

elem.tabIndex プロパティを使用することで、JavaScript から tabindex を追加することができます。これは同じ効果があります。

移譲: focuin/focusout

イベント focusblur はバブルしません。

例えば、次のように onfocus<form> に置いて強調表示させる、ということはできません:

<!-- on focusing in the form -- add the class -->
<form onfocus="this.className='focused'">
  <input type="text" name="name" value="Name">
  <input type="text" name="surname" value="Surname">
</form>

<style> .focused { outline: 1px solid red; } </style>

上の例は機能しません。なぜなら、ユーザが <input> にフォーカスしたとき、focus イベントはその input でのみトリガされるためです。バブルしないので、form.onfocus がトリガされることはありません。

ここには2つの解決策があります。

1つ目は、面白い歴史的な機能です: focus/blur はバブルしませんが、キャプチャリングフェーズで伝搬します。

これは機能します:

<form id="form">
  <input type="text" name="name" value="Name">
  <input type="text" name="surname" value="Surname">
</form>

<style> .focused { outline: 1px solid red; } </style>

<script>
  // キャプチャリングフェーズにハンドラを設定します(最後の引数を true)
  form.addEventListener("focus", () => form.classList.add('focused'), true);
  form.addEventListener("blur", () => form.classList.remove('focused'), true);
</script>

2つ目は、focusinfocusout イベントです – focus/blur とまったく同じですが、バブルします。

それらは on<event> ではなく、elem.addEventListener で割り当てなければならないことに注意してください。

従って、ここに別の動作するバリエーションがあります。:

<form id="form">
  <input type="text" name="name" value="Name">
  <input type="text" name="surname" value="Surname">
</form>

<style> .focused { outline: 1px solid red; } </style>

<script>
  form.addEventListener("focusin", () => form.classList.add('focused'));
  form.addEventListener("focusout", () => form.classList.remove('focused'));
</script>

サマリ

イベント focusblur は要素にフォーカスが当たる/外れるときにトリガされます。

それらの特別なこと:

  • それらはバブルしません。代わりにキャプチャリングフェーズや focusin/focusout を使うことができます。
  • ほとんどの要素はデフォルトではフォーカスをサポートしません。何かをフォーカス可能にするには tabindex を使います。

現在フォーカスされている要素は document.activeElement として利用できます。

タスク

重要性: 5

クリックしたときに <textarea> に切り替わる <div> を作成してください。

テキストエリアは <div> の HTML を編集することができます。

ユーザが Enter を押すかフォーカスを失ったとき、<textarea><div> に戻り、その中身は <div> の HTML になります。

新しいウィンドウでデモ

タスクのためのサンドボックスを開く

重要性: 5

クリックでテーブルセルを編集可能にしてください。

  • クリック時 – セルが “編集可能” (テキストエリアが内部に現れます)になり、HTML を変更することができます。リサイズする必要はなく、すべてのジオメトリは同じままにしてください。
  • ボタン OK と CANCEL がセルの下に現れ、編集を 終了/キャンセル することができます。
  • 同時に編集可能なセルは1つだけです。<td> が “編集モード” のとき、他のセルでのクリックは無視されます。
  • テーブルは多くのセルを持つ可能性があります。イベント移譲を使ってください。

デモ:

タスクのためのサンドボックスを開く

  1. クリック時 – 同じサイズでボーダーの無い <textarea> でセルの innerHTML を置き換えます。JavaScriptやCSSを利用して適切なサイズを設定できます。
  2. textarea.valuetd.innerHTML に設定します。
  3. テキストエリアにフォーカスします。
  4. セルの下に OK/CANCEL ボタンを表示し、それらのクリックを処理します。

サンドボックスで解答を開く

重要性: 4

ネズミにフォーカスを当ててください。その後矢印キーでそれを動かしてください:

新しいウィンドウでデモ

P.S. #mouse 要素を除き、どこにもイベントハンドラを置かないでください。 P.P.S. HTML/CSS を変更しないでください。このアプローチは汎用的でどの要素でも動作するべきです。

タスクのためのサンドボックスを開く

mouse.onclick を使用してクリックを処理し、ネズミを position:fixed で移動可能にし、その後 mouse.onkeydown で矢印キーを処理します。

唯一の落とし穴は keydown はフォーカスのある要素でのみトリガするということです。そのため、要素に tabindex を追加する必要があります。HTML を変更することは禁止しているので、そのために mouse.tebIndex プロパティを使います。

P.S. mouse.onclickmouse.onfocus に置き換えることもできます。

サンドボックスで解答を開く

チュートリアルマップ

コメント

コメントをする前に読んでください…
  • 自由に記事への追加や質問を投稿をしたり、それらに回答してください。
  • 数語のコードを挿入するには、<code> タグを使ってください。複数行の場合は <pre> を、10行を超える場合にはサンドボックスを使ってください(plnkr, JSBin, codepen…)。
  • 記事の中で理解できないことがあれば、詳しく説明してください。