Eval: コード文字列を実行する

組み込みの eval 関数を使うとコード文字列を実行することができます。

構文:

let result = eval(code);

例:

let code = 'alert("Hello")';
eval(code); // Hello

コードの文字列は長かったり、改行や関数定義、変数を含んでいる可能性があります。

eval の結果は最後の文の結果です。

例:

let value = eval('1+1');
alert(value); // 2
let value = eval('let i = 0; ++i');
alert(value); // 1

eval されたコードは現在のレキシカル環境で実行されるため、外部変数を参照することができます。:

let a = 1;

function f() {
  let a = 2;

  eval('alert(a)'); // 2
}

f();

同様に外部変数を変更することもできます:

let x = 5;
eval("x = 10");
alert(x); // 10, 値の変更

strict モードでは、eval は独自のレキシカル環境を持ちます。そのため、eval 内で宣言された関数や変数は外側では見えません。:

// 実行可能な例では、'use strict' はデフォルトで有効になっています

eval("let x = 5; function f() {}");

alert(typeof x); // undefined (そのような変数はありません)
// function f も見えません

use strict がなければ、eval は独自のレキシカル環境を持たないので、外側から xfを見ることができます。

“eval” を利用する

モダンプログラミングでは、eval は非常に控えめに使用されます。しばしば “eval は悪” と言われます。

理由は簡単です: ずっと昔、JavaScript は今よりずっと弱い言語であり、多くのことは eval でしかできませんでした。ですが、それから 10年が経過しました。

現在は、eval を利用する理由はほとんどありません。もし誰かがそれを使用しているなら、モダンな言語構造、あるいは JavaScript Moduleに置き換えるよい機会です。

外部変数にアクセスする機能には副作用があることに注意してください。

コードの minifier (JSを本番環境に適用する前に使われるツールで、JSを圧縮(minify)します)は最適化のために、ローカル変数をより短いものに置き換えます。これは通常安全ですが、eval が使われている場合、それらを参照する可能性があるため安全ではありません。したがって、minifier は eval から見える可能性のあるすべてのローカル変数を置き換えません。これはコードの圧縮率に悪影響を及ぼします。

eval の内部で外部のローカル変数を使用することは、コードのメンテナンスをより難しくするためバッドプラクティスとされています。

このような問題に対し、完全に安全にする方法は2つです。

eval されたコードが外部変数を使用していない場合、evalwindow.eval(...) で呼び出してください

この方法では、コードはグローバルスコープで実行されます。:

let x = 1;
{
  let x = 5;
  window.eval('alert(x)'); // 1 (グローバル変数)
}

eval されたコードがローカル変数を必要とする場合、evalnew Function に変更し、引数としてそれらを渡してください

let f = new Function('a', 'alert(a)');

f(5); // 5

new Function についてはチャプター "new Function" 構文 で説明しています。これは文字列から関数を作成し、グローバルスコープになります。そのため、ローカル変数は見えません。ですが、上記の例のように、引数tおして明示的に渡すほうがはるかに明白です。

サマリ

eval(code) の呼び出しはコード文字列を実行し、最後の文の結果を返します。

  • 通常は必要ないため、モダン JavaScript ではめったに使われません。
  • 外部のローカル変数にアクセスできます。これはバッドプラクティスとされています。
  • 代わりに、グローバルスコープでコードを eval するには window.eval(code) を使います。
  • あるいは、外部スコープから何らかのデータが必要な場合は new Function を使い引数としてそれを渡します。

タスク

重要性: 4

算術式の入力を求め、その結果を返す計算機を作成します。

このタスクで式の正確性を確認する必要はありません。結果を評価して返してください。

デモを実行

eval を使用して数学式を計算してみましょう。

let expr = prompt("Type an arithmetic expression?", '2*3+2');

alert( eval(expr) );

ユーザは任意のテキストあるいはコードが入力できます。

これを安全にし算術のみに制限するために、regular expression を使用して expr をチェックし、数字と演算子のみを含むようにすることができます。

チュートリアルマップ

コメント

コメントをする前に読んでください…
  • 自由に記事への追加や質問を投稿をしたり、それらに回答してください。
  • 数語のコードを挿入するには、<code> タグを使ってください。複数行の場合は <pre> を、10行を超える場合にはサンドボックスを使ってください(plnkr, JSBin, codepen…)。
  • 記事の中で理解できないことがあれば、詳しく説明してください。